骨盤ケアセミナーテクニック

●産後骨盤ケア基礎A

●中殿筋の導引

 

有効な症状:中殿筋周辺の緊張緩和、座った状態から立ち上がるときの腰痛などに

 

関係する筋肉群:中殿筋など

 

 

1. 受け手は仰向けになります。

 

2. 両方の膝を曲げてもらい、中殿筋の圧痛をチェックします。

 

3. 対象の足を外旋し、小指側の付け根を軸にして、かかとをあげてもらいます。

 

4. 術者は足を内側に閉じる方向に抵抗をかけます。

 

5. 合図と共に、瞬間的に脱力してもらいます。これを三回行い、最後に深呼吸してもらいます。

 

 

・増強バーション

 

膝を軽く突き出すようにしてもらい、肩口か手で抵抗をかける

 

 

※注意点、ポイント

 

・足がつらないように注意すること

 

・脱力する際は、かかとの力も抜いてもらうこと

今日の予定