骨盤ケアセミナーテクニック

●安産に導くための骨盤ケア基礎B

●外腹斜筋の導引

 

有効な症状:一般的な腰痛、お腹の張りなど

 

関係する筋肉群:腹直筋・外腹斜筋・内腹斜筋など

 

 

 

1. 受け手は仰向けで、膝を曲げます。

 

2. 膝はつけた状態で足を開きます。

 

3. 側腹を両手ではさみ、縦に筋肉を切るようにして硬直を確認します。

 

4. 硬直部分をマークし、手を頭上にピンと伸ばします。

 

5. 腕を耳に近づけるようにして小指側に捻り、体の側面を伸ばすようにします。

 

6. 捻る動きと伸ばす動きの両方に抵抗をかけて、少しこらえてもらい、合図と共に瞬間脱力します。

 

7. これを三回行って、最後に深呼吸してもらいます。

 

 

注意点としては、肩に余計な力が入らないように、対象の筋肉が緊張するように誘導します。

 

自分が楽な位置、両手のバランスがよい中心の位置に座ること。

 

肋骨に指が当たらないように気を付けること。

 

ゆっくり間を開けながら行うこと。

今日の予定