骨盤ケアセミナーテクニック

●安産に導くための骨盤ケア基礎B

●恥骨筋の導引

 

有効な症状:恥骨痛

関係する筋肉群:恥骨筋、腸骨筋など

 

 

1. 受け手は仰向けになり、痛い側の膝を立てます。

 

2. 術者は、足首を持って股関節を内旋するように横に開きます。

 

3. 受け手に親指の付け根を軸にして、踵を持ち上げてもらいます。

 

4. 膝を内側に倒すようにしてもらい、そこに抵抗をかけます。

 

5. 術者は肘を絞るようにして、恥骨方向に弓なりに力を持っていき、こらえてもらってから一気にポンと瞬間的に脱力してもらいます。

 

6. これを三回。最後に大きく深呼吸してもらいます。

 

 

注意点は、抵抗の力を入れすぎないこと。

 

恥骨筋に力が集まるように意識を向けること。

 

両方痛い場合は、両方行います。

今日の予定