骨盤ケアセミナーテクニック

●産後骨盤ケア基礎B

●骨盤回し うつぶせver.

 

有効な症状:一般的な腰痛、仙腸関節痛、坐骨神経痛、脊柱管狭窄症、冷え、むくみなど

 

関係する筋肉群:腰方形筋、梨状筋、殿筋群、大腿四頭筋、大腿二頭筋、腹斜筋など

 

 

1. 受け手はうつぶせになります。

 

2. 後方挙上テストで、挙げにくい足や可動域を確認します。

 

3.受け手の足を持ち上げて、足をクロスして軽く固定し、両手で坐骨を押さえて外回し。

 

4. 両足で行う。

 

5. ある程度、骨盤の動きがよくなり、緩んできたらOK 。

 

6.再度、後方挙上テストで可動域をチェックする。

 

7.さっきよりも、可動域が狭くなったり、挙げにくくなっている方の足は、横向きで開く骨盤回しを行う。

 

 

*注意点、ポイント

 

・足をクロスする際に、腰がきつくないか確認すること

 

・手でお尻をこねないこと

 

・無駄な力を入れないように

 

・自分が楽な状態、楽な姿勢で行うこと(座取りに注意する)

今日の予定