骨盤ケアセミナーテクニック

●産後骨盤ケア基礎B

●梨状筋の導引

 

有効な症状:一般的な腰痛、坐骨神経痛、冷えなど

 

関係する筋肉群:梨状筋、殿筋群など

 

 

 

1. 仰向けで膝を曲げてもらいます。

 

2. この状態で、膝倒しの検査などをして、あらためて違和感があるところを確認します。お尻を持ち上げてもらってもよい。

 

3. 指の腹を使って、仙腸関節付近の梨状筋に触れます。

 

4. 圧をかけながら、圧痛部分を探します(受け手に痛いところを直接聞いてもよいです)。

 

5. このまま足を外側にくの字に開いてもらいます。

 

6. 受け手は、足を下方に向けて開くようにして、術者はそれとは反対の抵抗をかけます(内側に閉じるようにする)。

 

7. お尻の筋肉にぐーっと力を入れるように導いて、一気にポンと脱力してもらいます。これを三回行い、最後に深呼吸してもらいます。

 

8. 息を吐くときに、開いていた足を真ん中に戻して、手を抜きます。

 

 

再度、膝倒しの検査やお尻の持上げなどをして、違和感がなくなればOK 。調整前よりも動きやすくなります。

 

 

注意点としては、お互いの力が拮抗するように、壁になるように抵抗をかけること。

 

妊婦さんには、一回おきに「大丈夫ですか?」と確認を入れること。また、頑張りすぎて足がつらないように、しっかりと脱力してもらうこと。

今日の予定