骨盤ケアセミナーテクニック

●産後骨盤ケア基礎B

●膝裏の凝りとり 導引

 

有効な症状:一般的な腰痛、膝の痛み、股関節の痛み、むくみ、脚の違和感、お腹の張りなど

 

関係する筋肉群:腰方形筋、下腿三頭筋など

 

 

1. 受け手は仰向けになります。

 

2. 両方の膝を曲げてもらいます。膝倒しの検査などをして、動きをチェックします。

 

3. 膝の内側をつけた状態で、足をすこし広げます。

 

4. 膝の後ろの圧痛をチェックします。この時、しっかりと痛みを認識してもらうようにします。あとで変化がよくわかるからです。

 

5. 片方の足首を反らして、すこし外に開きます。

 

6. この状態でこらえてもらい、小指側から元に戻るような方向に抵抗をかけます。

 

7. 合図と共に、瞬間的に脱力してもらい、足をパタンと下ろしてもらいます。これを三回行い、最後に深呼吸してもらいます。

 

8. 最初にみた膝裏の圧痛を再度チェックします。痛みが消えていれば成功です。

 

 

 

これを片足ずつ、両方の足で行います。

 

再度、膝倒しの検査などをして、調整前よりも倒しやすく、動きやすくなればOK 。

 

腰痛だけではなくて、膝の痛み、股関節の違和感、むくみ、足全体の違和感、あるいは便秘などにも効果的です。

 

また、お腹の張りがあるときにもよく効きます。調整後は、お腹がふわふわになります。

 

 

注意点としては、無理な力を使わないこと。手で押さえるというよりも、体を使って押さえる。抵抗をかけすぎないこと。

 

妊婦さんには、少し間を空けながらゆっくり行います。必ず「大丈夫ですか?」「姿勢がきつくないですか?」などと確認を入れること。

 

一回目は、やり方を覚えてもらうように、言葉でうまく誘導、説明します。

 

「あと二回やりますよ」などと、あらかじめ回数を予告してあげることも大事です。

 

今日の予定