骨盤ケアセミナーテクニック

●産後骨盤ケア 応用編

●大腰筋の導引

 

有効な症状:慢性的な腰痛、大腰筋の緊張緩和などに 

 

関係する筋肉群:大腰筋など

 

 

1. 受け手は仰向けになります。 

 

2. 触診で大腰筋の緊張を確認します。または足挙げの検査を行い、挙げにくい足を確認します。 

 

3. 調整する側の側面に正座をして、受け手の下腿を術者の太腿の上に乗せます。 

 

4. 大腰筋をマークしておき、足首を軽く背屈してもらい、下肢全体を内側に巻くようにしてもらいます。 

 

5. 母趾の付け根に術者の小指側をかけるようにして、外に開くような抵抗をかけて固定します。 

 

6. その状態をキープしながら、お尻を持ち上げてこらえてもらいます。 

 

7. 合図とともに瞬間脱力してもらいます。これを三回行います。 

 

※注意点、ポイント 

 

・手だけではなくて、からだを使って抵抗をかけること 

 

・内側に巻く時は、膝が曲がらないように、足の付け根から捻ること 

 

・キツいので、少し間隔を開けること 

 

・最後に骨盤がぼよーんと揺れるように

 

今日の予定