骨盤ケアセミナーテクニック

●産後骨盤ケア 応用編

●股関節抜き

 

有効な症状:股関節の調整、痛みがあるときに 

 

関係する筋肉群:大腿筋膜張筋・前脛骨筋など 

 

 

1. 受け手は仰向けになります。 

 

2. 対象の股関節側の大腿筋膜張筋上の圧痛を母指で確認し、マークしておきます。 

 

3. 母指と四指でL字を作り、大転子の少し下にあてます。 

 

4. 上からと横から、二方向に体重をかけて押し、下方に下げます。 

 

5. このとき、先ほどの圧痛が抜けるようにします。抜けない場合は、L字の位置を少しだけずらします 

 

6. 圧痛が抜ける位置で、L字の圧を抜かないまま、大腿をさらに下方にぐんと押し込みます。 

 

7. 下腿でも同じことを行い、最後に深呼吸します。 

 

 

※注意点、ポイント 

 

・腕ではなくて、からだを使って前方に倒れるようにして、ぐんと下方に押し込むようにすること 

 

今日の予定