骨盤ケアセミナーテクニック

●産後骨盤ケア 応用編

●仙骨の一点調整

 

有効な症状:腰痛、仙腸関節周辺の痛みなどに 

 

関係する筋肉群:梨状筋、殿筋群など

 

 

1. 受け手はうつ伏せになります。足の後方挙上テストなどで、挙げにくい方の足を確認します。 

 

2. 仙骨を上から指で指しながら数えていき、その時の踵の反応を観ます。 

 

3. 反応があったところに、母指を重ねて軽く押さえ、膝を使ってお尻全体を浮かせてもらいます。 

 

4. 下方に軽く抵抗をかけてこらえさせて、一気にパタンと落としてもらいます。それと同時に母指を斜め内方に押し込みます。 

 

5. これを三回行い、最後に深呼吸してもらいます。 

 

 

※注意点、ポイント 

 

・指の力で無理に押し込まないこと 

 

・最後にお尻がぼよーんと揺れるように 

 

・お尻を持ち上げる動作がわかりずらいので、予備で行うか、丁寧に説明すること 

今日の予定