骨盤ケアセミナーテクニック

●産後骨盤ケア 応用編

●坐骨・尾骨間の導引

 

有効な症状:坐骨・尾骨間周辺の緊張緩和などに 

 

関係する筋肉群:大殿筋、外旋六筋など 

 

 

1. 仰向けで、膝を立ててもらいます。 

 

2. 対象の股関節を外旋させます。 

 

3. 膝を軽く突き出してもらい、肩口で固定します。 

 

4. 外旋した足に対して、閉じる抵抗をかけます。 

 

5. さらに、膝を屈曲させて、踵をお尻の方向に近づける動きに対して抵抗をかけます。 

 

6. 合図とともに、瞬間脱力してもらいます。三回行って、最後に深呼吸します。 

 

 

※注意点、ポイント 

 

・膝を向かえに行かないこと 

 

・力が抜けないように、三点すべてにしっかりと抵抗をかけること 

 

・膝をやや伸展した状態から、お尻の方向に屈曲させていくこと 

 

・動きが難しいので、最初は丁寧に説明して、動きを覚えてもらうこと 

 

今日の予定