骨盤ケアセミナーテクニック

●産後骨盤ケア編 基礎B

●骨盤回し 開閉バージョン

 

有効な症状:一般的な腰痛、仙腸関節痛、坐骨神経痛、脊柱狭窄症など

 

関係する筋肉群:腰方形筋、梨状筋、殿筋群、大腿四頭筋、大腿二頭筋、腹斜筋など

 

 

1. 受け手はうつぶせになります。

 

2. 足挙げのテストで、挙げにくい足や可動域を確認します。

 

3.仙骨の方向性、閉じ開きのバランスを確認します。

 

4. 閉じる場合は、仙骨の先端が向いた方に足をクロスして固定して、両手で坐骨を押さえて外回し。

 

5. 開く場合は、横向きで坐骨を押さえて外回し。

 

6. 骨盤の動きがよくなり、緩んできたらOK 。

 

 

*注意点、ポイント

 

・手でお尻をこねないこと

 

・無駄な力を入れないように

 

 

・自分が楽な状態で行うこと

今日の予定
HOME 今すぐバース整体セミナーに申し込む