骨盤ケアセミナーテクニック

●産後骨盤ケア編 基礎B

●かえる足(操法)

 

有効な症状:一般的な腰痛、坐骨神経痛、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症などに

 

関係する筋肉群:腰方形筋、脊柱起立筋など

 

 

1. 受け手はうつぶせになります。

 

2. 足挙げの検査で、挙げやすい足や可動域を確認します。

 

3. 腰部の圧痛点、最大緊張点をみつけ、しっかりと固定します。

 

4. 腰部の固定がブレないように、受け手に平泳ぎをするように「かえる足」になってもらい、これを何回か繰り返します。

 

5. 最後に深呼吸をしてもらいます。

 

 

*注意点、ポイント

 

・腰部を押さえるときは、手だけではなくて術者のからだで押さえる

 

・声がけをしながら動かしてもらうこと

 

・圧痛点が何ヶ所かある場合は、そちらも行う

 

・左右両方痛い場合は、両方行う

 

今日の予定
HOME 今すぐバース整体セミナーに申し込む