骨盤ケアセミナーテクニック

●産後骨盤ケア編 基礎B

●股関節の導引

 

有効な症状:股関節の可動域の改善に

 

関係する筋肉群:恥骨筋、大腿二頭筋、腸腰筋、大腿筋膜張筋など

 

 

1. 受け手は仰向けになります。

 

2. 対象の足の膝を曲げます。反対の足はやや開きます。

 

3. 股関節を内外旋して、倒しやすい方向と可動域を確認します。

 

4. 術者は大腿を両手で挟んで、エネルギーの方向付けをしながら倒しやすい方向に導引をかけます(3回)。

 

5. 反対方向には、やや軽めに導引を行ないます(2回)。

 

6.最後に深呼吸を行ないます。

  

 

*注意点、ポイント

 

・壁になるように抵抗をかけること

今日の予定
HOME 今すぐバース整体セミナーに申し込む