骨盤ケアセミナーテクニック

●産後骨盤ケア編 基礎A

●仙骨孔の導引

 

有効な症状:仙骨の痛みやピリピリとした違和感など

 

関係する筋肉群:梨状筋、殿筋群など

 

 

1. 受け手はうつぶせになります。

 

2. 仙骨の圧痛を触診します。

 

3. 圧痛部分を中指で軽く押さえ、受け手のつま先を立てて、踵を突き出してもらいつつ、内外に倒して、楽な方を確認します。

 

4. 痛みが軽減する側(楽な方)に倒した状態で導引をかけます(三回)。

 

5. 最後に深呼吸してもらいます。 

  

 

*注意点、ポイント

 

・楽な方で導引をかけること

 

・力の方向性に気をつける(仙骨方向へ7割、内外どちらかに3割)

 

・足の力が抜けるように、毎回リセットさせること

 

 

今日の予定