骨盤ケアセミナーテクニック

●産後骨盤ケア編 基礎A

●産褥体操

有効な症状:骨盤の引き締めに

 

 

1. 仰向けになって、腰幅ぐらいに足を開きます。

 

2. 足首を内側に向けて、こぶし一個分ぐらいの隙間を空けます。

 

3. この状態で、息を吐きながら、両足を「ゆっくりと」持ち上げます。

 

4. 10秒ほど経ったら力を抜きます。そのまま呼吸が整うまで休みましょう。

 

 

足を持ち上げるときは、早くてはダメです。とにかくゆっくりと持ち上げること。

 

上半身や、手を支えにして足を挙げようとしないで、できるだけ力を抜くようにします。

 

時間は、キツイので10秒ぐらいでOK。

 

こうすると、骨盤にぐっと力が入って締まってくるのです。このときに骨盤(とくに仙骨)に力が集まることを意識してみてください。その感じを逃がさないようにしましょう。

 

 

ただ、くれぐれもやり過ぎには注意が必要です。やり過ぎることで逆に体を壊すこともあるので、十分に気をつけてください。一回につき3回程度までにしてください。骨盤に意識を集中して行うことで、より効果が増します。

 

産後、一週間を過ぎてから、毎朝起きたらすぐに行います。 一週間やったら次の一週間は休むぐらいでよいでしょう。

 

 

今日の予定