骨盤ケアセミナーテクニック

●つわり、むくみ、肩こり編

●前腕の透し

 

妊娠後期になるとむくみが生じることがありますが、足だけではなくて手に現れることがあります。主に夜間や朝方に症状が出て、手先がこわばり、しびれが生じることもあります。正中神経を圧迫しているために起こる、いわゆる手根管症候群に対応した技術です。

 

 

有効な症状:手指のこわばり・しびれ・痛み・知覚障害、腱鞘炎など

 

 

1. 受け手は、正座かあぐら、または仰向けで楽な姿勢になります。

 

2. 手のひらを上にした状態で、症状のある前腕を両方の四指と母指で持ちます。

 

3. 裏側の四指の指先は立てるようにして、母指球で前腕を開くようにじわっと押さえます。

 

4. 上から四カ所ぐらい、同様にして行います。

 

5. 最後に深呼吸します。

 

指先のしびれや感覚が変化すればOK。反対の手で触れてもらい、感覚が変わる位置を本人に聞いてもよいです。

 

 

*注意点、ポイント

 

・指先で強く押しすぎないこと

 

・母指球は優しく包むように

 

・四指から母指球側に抜けていくようなイメージで包む

 

今日の予定