骨盤ケアセミナーテクニック

●妊婦ケア応用編

●坐骨上げ

有効な症状:坐骨神経痛、足の違和感

 

関係する筋肉群:ハムストリングス、下腿三頭筋など

 

 

1. 受け手は仰向けになります。

 

2. 違和感のある足を対象にして、膝と股関節を曲げていきます。

 

3. 術者は、坐骨結節に足裏の母指付け根を当てて、ゆっくりと動かして緩めます。

 

4. 緩んできたら、受け手の膝を伸ばしながら、術者の足も伸ばしていきます。

 

5. 後方に牽引しながら、ゆっくりと足を下ろしていきます。 

 

6. 足を下ろしたら、深呼吸してもらい、息を吐くときに術者の足を抜きます。

 

7.最後にお尻から下肢に向けてズバッと抜き、深呼吸。しばらくその状態になじませます。 

 

 

注意点としては、デリケートなところなので、術者の足をコンタクトする際は慎重に行うこと。また、緩めるときには、早く動かさないこと。

 

足を伸ばすときは、受け手と同調するように術者の足も伸ばすこと。

 

牽引の力が途中で抜けないように。後方に意識を持っていきながら牽引する。

 

深呼吸して終えたら、少し間を空けること。筋肉を落ち着かせます。

今日の予定