骨盤ケアセミナーテクニック

●安産に導くための骨盤ケア 基礎A

●内転筋の導引

 

有効な症状:内転筋の緊張緩和、腰痛、膝痛、お腹の張りなどに

 

関係する筋肉群:長・大・短内転筋など 

 

 

1. 受け手は仰向けになります。大腿内側を薄筋を中心に分け、直上と直下の緊張部位(圧痛)を調べます。

 

2. 対象の股関節は外旋させ、反対の足は膝を立てます。足の角度を変えて、一番痛みが和らぐ位置を確認します。 

 

3.  上の場合は、足関節を底屈内反させて、元に戻す抵抗を加えます。 

 

   下の場合は、足関節を背屈外反させて、元に戻す抵抗を加えます。 

 

4. 合図とともに足首から瞬間脱力します。 

 

5. 三回行い、最後に深呼吸します。 

 

 

注意点、ポイント 

 

・動きが難しいので、最初は丁寧に説明すること 

 

・脱力するときは、足首から力を抜くように促すこと

 

・一回おきに間隔を空けること

 

今日の予定