骨盤ケアセミナーテクニック

●産後骨盤ケア編 基礎A

●腰椎の回旋調整

有効な症状:一般的な腰痛、腰椎の可動域改善に

 

関係する筋肉群:腰方形筋など

 

 

1. 受け手は仰向けになり、膝を立てます。

 

2. 膝を倒して、左右に倒しやすい側を確認します。

 

3. 倒しやすい側に力を入れてもらい、術者は両手で膝を挟んで抵抗をかけます。

 

4. こらえてもらって、瞬間的にポンと脱力してもらいます。これを三回行います。

 

5. 今度は倒しにくかった側へ、同様にして二回行います。終わったら深呼吸してもらいます。

 

 

注意点としては、抵抗を強くかけすぎないこと。壁になるように、同調するように抵抗をかけます。

今日の予定