骨盤ケアセミナーテクニック

●妊婦の腰痛・骨盤ケア編 基礎B

●反り腰の調整

 

有効な症状:反り腰(腰椎前弯)による腰痛、すべり症などに

 

 

  

1. 受け手は仰向けになります。

 

2. 両方の膝を曲げてもらいます。

 

3. 術者の大腿前面に受け手の足底を載せます。

 

4. お腹を突き出すように腰を反らせた状態と、お腹を使わずにお尻を持ち上げた状態で楽な方を確認する。

 

5. 楽な方に、膝で元に戻す方向に対して、軽く導引をかける。

 

6. これを三回行い、最後に深呼吸してもらいます。

 

 

*注意点、ポイント

 

・無理な力を使わないこと

 

・抵抗をかけすぎないこと

 

・導引はゆっくり抵抗をゆるめてもよい

 

 

●反り腰の応用ver.

 

正座(軽く足を開く)で前に手のひらをつかせ、肘の上を固定し背中を持ち上げさせる

 

 

今日の予定