骨盤ケアセミナーテクニック

●つわり、むくみ、肩こり編

●肩回し×4

 

肩周辺から肩甲骨まわりの可動性を良くするオーソドックスな方法です。肩、腋窩、肩甲骨周辺の筋肉の緊張や硬直を取り除きます。

 

有効な症状:一般的な肩こり、肩甲骨周辺の痛み、違和感など

 

関係する筋肉群:僧帽筋、大・小菱形筋・大・小円筋、肩甲挙筋など

 

 

1.  受け手は横向きのシムスの姿勢になります。

 

下の足は、背骨と一直線になるように伸ばします。上の足は直角に曲げて、下にクッションなどを挟みます。

 

2. 肩口と手首を持って、押し引きを作り、左右に動かします。

 

3.脇の下の大・小円筋のゆっくりと手刀でストレッチします。

 

4.肩甲骨の内縁に指先を入れて、肩を揺らすように動かしながら緊張をゆるめます。

 

5.手首を掌屈で固定しながら、肩を(回しやすい楽な方から)回します。少しづつ可動範囲を広げていきます。

 

6.最後にまた押し引きを作って、引っ張った状態で深呼吸します。

 

 

*注意点、ポイント

 

・無理な力を使わないこと

 

・自分が楽な姿勢で行うこと

 

・肩を回すときは、自分の膝を使うこと(同調させる)

 

今日の予定