骨盤ケアセミナーテクニック

●つわり、むくみ、肩こり編

●脊柱のゆらぎ

 

有効な症状:つわり、胸椎の硬直など

 

 

1. 受け手は長座(足を伸ばして座る)になります。力を抜いて、かるく前屈みになります。

 

2. 背骨を上から指でなぞるようにして、骨の引っ掛かりを確認します。

 

痛いところや、硬いところ、何となく違和感のあるところなど。本人に聞いてもよいです。三ヶ所ぐらいに絞ります。

 

3. 一番下の硬いところに、術者の膝を当てます。受け手の肩をかるく後ろに引き、前後にゆらゆらと揺すります。

 

4. 椎骨に何となく動きが出て、柔らかくなった感じがしたら、その上の硬いところに膝を当てて、同様にして三ヶ所ほど行います。

 

5. 受け手は胸の前で手を交差して、術者は、脇の下から手を入れて、背中に当てた両方の膝とで前後にぐーっと挟むようにします。

 

6. 最後に深呼吸してもらいます。

 

 

長座が楽になっていたり、姿勢がよくなってすっきり感が出ていればOK 。

 

ポイントは、膝を固定しつつも、あまり強く押しすぎないこと。押しすぎると受け手が前後に動かせません。

 

また、術者は、動きを誘導するだけで、受け手自身に前後にゆらゆらと動いてもらうようにすること。

 

最後に膝と腕で挟んだときは、前後の力を拮抗するように均等に入れること(ホチキスで挟むようなイメージ)。

 

膝だけ、腕だけに力が入りすぎないように行います。

今日の予定