バース整体とは?

● 即効的に瞬間的に動けるようにする整体

 

DSC03276.JPG 

 

バース整体は、碓井流活法整体をベースとした、妊産婦さん向けの整体法です。

 

活法(かっぽう)整体とは、日本の整体術の源流となる整体の技術です。その歴史は古く、戦国時代から続く武術が元になっているとも言われています。

 

そもそも、武士の仕事は戦をすることですが、当然ながら怪我や故障が絶えません。

 

戦においても、またそのための修行においても、武士のそのような痛みや故障は、日常茶飯事です。しかし、痛いまま動けないようであれば、武士にとってそれは致命傷になりかねません。

 

したがって、傷ついた身体を即効的に瞬間的に元の状態に蘇生させたり、すぐに動けるように素早く変化させる必要があります。

 

日常的に身体を酷使する武士だからこそ、身体の元気を導きだすための技術や治癒力を高める技術が必要とされたのです。

 

このようにして、武士の間では、人を殺める技術のみならず、身体の故障を修復し、人の命を活かす=生かすための技術が必要とされ、またそれが伝承されてきました。

 

命に活を入れ、生を活かすこと、それが活法整体です。

 

バース整体研究会では、活法指圧研究会で学んでいる碓井流活法整体の技術を取り入れています。

 

 

● 元気になるための力を導き、引っ張りだすための整体

 

 

DSC03272_1.JPG

 

 

バース整体は、妊婦さんと産後のママの辛い身体の状態を、即効的に変化させ、無理なく楽に動けるようにするための整体です。

 

妊娠中も産後間もない時期も、日常的に痛みを感じずに快適に動けるように身体を調整します。

 

妊産婦さんの元気になるための力を内側から導き、引っ張りだすのが、バース整体です。

 

赤ちゃんの誕生前後の生活を、楽しく快適に、そして不安なく過ごせるように、少しでもあなたの力になれたら幸いです。

 

 

● 無痛で安心、安全な整体

 

 DSC03308_1.JPG

 

 

妊婦さんは、腰痛だけではなくて、恥骨が痛かったり、股関節が痛かったり、お尻の奥の方が痛かったりなど、お腹が大きくなるにつれて、骨盤周辺にさまざまな症状が出る場合があります。

 

ひどくなると、動くのも歩くのもままならなかったり、また寝返りや起き上がる際に骨盤周辺に激痛がはしるなど、とても辛い思いをされている方も決して少なくありません。

 

また骨盤のバランスが悪いと、冷えやむくみ、つわりやお腹が張りやすいなどのマイナートラブルにも繋がりますし、逆子や切迫早産にもなりやすくなる傾向があります。

 

ただでさえお産に対する不安があるのに、身体の状態が辛くて痛みがあれば、お産に対する不安はよりいっそう強くなってしまいます。初めてのお産であれば、なおさら不安な気持ちはつのります。

 

ですが、ご安心ください。

 

バース整体は、無痛で安心・安全な整体法です。無理なく身体全体のバランスを整えますので、妊婦さんにもお腹の赤ちゃんにも優しい整体です。

 

 

● 産後の骨盤調整も

 

 

DSC03336_1.JPG

 

 

ご存じのとおり出産後は、骨盤の状態がとても不安定です。骨盤を支える靭帯もゆるんでいます。

 

ですから、本来であればすぐに動いたり起き上がらない方が望ましいのですが、病院の出産においては、すぐに動く必要があります。そうすると、より骨盤のバランスを崩しやすくなりますし、痛みも出やすくなります。

 

このような身体の状態で授乳や抱っこを繰り返していると、産後のママの身体は、やがて悲鳴をあげてしまいます。

 

逆に言えば、産後にあまり無理をせずによく休み、骨盤のバランスを整えることで、ママの身体を良好な状態に保つことが出来ます。

 

身体の土台、身体の中心である骨盤を中心に整えていく。

 

そうすることで、その後の育児も元気に楽しく行うことが出来るようになります。

 

バース整体は、骨盤のケアを中心に全身を調整していきます。産後のよくある骨盤周囲のトラブルを改善に導きます。

 

 

 

バース整体コラム(2016年10月~)

 

 

2016-10-01 (土)
2016-10-22 (土)
2016-10-23 (日)
2016-10-24 (月)
2016-10-25 (火)
2016-10-26 (水)
2016-10-27 (木)
2016-10-28 (金)
2016-10-29 (土)
2016-10-30 (日)

 

 

今日の予定