整体コラム(2016年10月~)

コラム  2016-11-03 (木)

【活法の導引とはどのようなものか? その2】

 

バース整体研究会でお伝えしている「活法」。

 

大きく分けていくつかの方法があるのですが、そのなかでも「導引」という技術は、ほかの整体療術にはないユニークな側面があります。

 

「導引」とは、一言で言えば、ある種の「体操」のようなものです。

 

術者が言葉や所作を用いて、相手の動きを誘導し、整った体に導いていきます。

 

このときに、術者は相手の能動的な動きに対して、軽く「抵抗」を加えます。つまり抵抗を利用するのです。

 

別の言い方をすると、緊張状態を作ってから、一気に弛緩させるのです。

 

腰痛や肩こりなど、何らかの痛みや動きの制限があるところは、筋肉の緊張があります。

 

そういった筋肉の緊張やコリがあるところをさらに緊張させて、一気に瞬間脱力することで、心身をゆるませていくのです。

 

したがってこの「導引」は、力を加えるというよりも、うまく力を抜かせるための技術です。

 

活法の「導引」は、緊張と弛緩を制御することで、筋肉の過緊張を取り除いていく手技になります。

 

術者自身もほとんど無駄な力は要りませんから、その意味で女性向きと言えます。

 

ただ、活法はもともと「武術」がベースにあるので、どうしても武術的なイメージで見られてしまう側面があると思います。

 

でも、このバース整体研究会で、助産師さんや女性セラピストさんに活法の魅力を伝えることで、そのような(硬派な)イメージを少しずつでも変えることができたらいいなと思っています。

今日の予定